«前の日記(2022年03月12日) 最新 次の日記(2022年04月04日)» 編集

『鳳雛』塾長ブログ

2021|02|03|04|06|08|09|10|11|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|02|

2022年03月23日

都立町田高校合格のHT君・母子からのお礼のメールが届きました。ご紹介させていただきます。

「今後の参考になれば」という事で、

お母さんがインタビュー形式にして、受験生H君が答えています。

問)塾に行ってできるようになったこと、家でする勉強との違いがありましたか? 答)塾へ行くと勉強以外にすることの選択肢がないため、勉強時間が段違いに多くなった。疑問に思ったことをすぐに質問できるから、わからないところを忘れる前に解決できた。

問)塾に行って学んだこと、勉強の仕方など(自分が)変わったことはありましたか? 答)塾に行く前は復習する回数が少なかったから、学びが定着していない点もあったけれど、塾に行くと定着するまで何度も何度も繰り返すから必ず定着する。わかりにくいところは先生が何度もしっかり解説してくれるので疑問が残らなかった。

問)先生の良かったところ、塾の好きなところ、良かったことはなんですか? 答)先生の解説がわかりやすく、わかりにくかったところは何度も説明してくれるから学んだところをしっかり理解できる。先生も生徒も面白かったので、「塾に行きたくない」ということがあまりなかった。  先生が休憩中にアイスなどの差し入れを持ってきてくださったときはうれしかった。 少人数のためどんどん当てられるから、緊張感もあるし、わからないところがあったかを、先生がしっかり確認してくれるのはよかった。 また、定期テスト1か月前から毎日(塾に)来てもよかったので、勉強時間がいつもよりはかなり増えてよかった。

問)何か反省点は? 答)ない。

問)先生へメッセージは? 答)勉強量は多かったですが、その分(学習内容が)定着できましたし、解説もわかりやすかったので、しっかり解けるところが増えて、入試だけでなく定期テストなどの点数アップにもつながりました。ありがとうございました。 (青陵中・HT君、都立町田高校合格)

保護者(お母さん)からの感想です。

◎少人数だったので、質問もしやすかったようで、わからないところがそのままにならずによかったです。3年の5月入塾しましたが、内申は1学期と2学期の合算ということを考えると、1学期から上げておく必要があるので、入塾は春期講習会など、早めがよいと思いました。塾に通うということに抵抗があったようですが、初日から楽しかったようで安心しました。 大量のプリントとともにご指導いただき、ありがとうございました😊

 

高校入試を無事終え、ご両親からお礼のメールが届きました。

こんにちは! 無事、第一志望校の帝京高校に合格する事が出来ました。 何度も、勉強面・生活面で、これで大丈夫か?と思う時がありましたが、根気強く見守って声かけ・指導して下さった先生のお陰だと思っております。 ありがとうございました。 入学試験は終わりましたが、学力をもう少し上げて(特に英語と数学)高校生になって欲しいので、サッカー練習を調整して、塾にもまだ通わせてもらいたいと思っております。 どうぞよろしくお願いします。

おはようございます。 お礼の挨拶がまだできていなく失礼しました。 今まで、息子のことを根気強く見守り励まして下さってありがとうございました。 辛くなると逃げ癖が出てしまって、ヒヤヒヤさせられましたが、なんとか一年間お世話になることができました。 先生の励ましは、親子共々、心に染みました。 サッカーとの両立をさせてもらっての受験勉強だったので、とてもありがたかったです。 最後の学年末テストは息子の中で過去最高得点の、○○○点でした。 最後は勉強せずこの点数だったので、これまでの頑張りが、点数に出たのではと思っております。 高校生になったら、さらに忙しくなりそうですが、サッカーも勉強も頑張って欲しいと思っています。 1年間、ありがとうございました。 (多摩永山中・KT君 帝京高校合格)


ハンデを乗り越え、都立高校に合格した生徒のご両親からのメールも届いています。

本人、ほんと頑張ってますね。 ましてや、ADHDという障害を抱えている本人にとって、『我慢して努力する』ということが、周りの同年代に比べ、一層苦手な事と思います。 それが、入塾から現在に至るまで、腐ることなく通い続けています。 その成果もあってか、徐々にではありますが、テストの結果となり、見える形で跳ね返ってきて、自己肯定感の向上に繋がっていると感じております。 ADHDの子にとって、自己肯定感の向上は、本当に大事で、かつ、向上させることがなかなか難しい事なんです。 本人も、愚痴はちょくちょくこぼすものの、実感しているのではないのでしょうか。 だから、今も通い続けて、頑張れているのではと思っております。 日曜、祝日返上のテスト勉強会、大変よいと思います。 これからは、どちらかというと、学校の期末テスト対策というよりは、受験対策の追い込みに費やす時間に、シフトしていくのではと、思っております。 よって、引き続き、上記体制は是非続けていただきたく存じます。 今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

お世話になっております。 率直に申しまして、通わせて良かったと本当に思っております。 入塾するまでは、全くと言っていいほど、自己学習を怠って(やることが出来なかった。)きました。 入塾後は先生方のお陰で、全てではないものの1年、2年の学習分をある程度は取り戻せたことにより、本人自身にも成功体験が生まれて、自己肯定感がかなり上げられたのではないかと思っております。 懸念点としては、その環境が、今後また無くなってしまうので、果たしてその環境下で、今後どのような行動を見出だせるかによって変わってくるかと思います。 当塾なくして、都立野津田高校への進学はなかったと思っております。 1年間、本当にありがとうございました。 (HK君、野津田高校合格)


入学試験だから、思うような結果にならない場合もあります。

残念だけれどもグッとこらえて、次へのステップにしてもらいたいと思います。

私達スタッフはいつまでも見守って行こうと思います。

失敗は敗北ではない。次への飛躍のチャンスに!

恐縮なのですが、お母さんからお礼のメールが届きました。

こんにちは! 遅くなりました。 残念ながら都立高校は不合格でした。 勉強嫌いでしたが、自分で行きたい高校を決めて、挑戦出来たので良かったと思っています。 暑い日も寒い日も、毎日自転車で通った頑張りで、高校でも頑張ってくれると思います。 先生方、本当にお世話になりました。 ありがとうございました。

こんにちは! 入学手続きも、中学校の卒業式も終わり ほっとしています。 親子して、塾も受験も初めてでしたので、分からないことばかりでした。 子どもの成績から行ける高校は? 行きたい高校を受験出来るのか、大丈夫なのか心配でした。 勉強嫌いでしたので、もう塾頼りでした。 とにかく先生方にやる気を出していただいたこと、親子喧嘩もし、もう勉強しない、塾に行かないと言ったときも先生に励まされ気持ちを切り替え、頑張る事ができ、私も息子も感謝しております。 鳳雛塾でなかったら、最後まで勉強しなかっただろうなっと、、思っております。 本当にありがとうございました。 (日本工業大駒場高校合格・母親より)


«前の日記(2022年03月12日) 最新 次の日記(2022年04月04日)» 編集